• トップ /
  • 家族だけで行う葬儀が多い

葬儀の希望を伝える

葬儀の時の服装家族の場合は?

LINEで送る

多様化する葬儀の種類

葬儀とは、故人の冥福を祈り葬る儀式です。日本では、ほとんどが仏式で行われていますが、故人の生前の意思や、宗教観などによって、葬儀の形が多様化しています。仏式葬は僧侶の読経で送る形で、これをもとに社葬や団体葬といった大規模のものや、逆に、家族や近親者、親しい友人のみで行う家族葬があります。キリスト教のキリスト教式、神社の神官が執り行う神式葬、宗教にとらわれない無宗教葬、自由葬、音楽葬といった自由なスタイルのものや、生前に行う生前葬もあります。

 

葬儀を行う意味について紹介

人が亡くなると葬儀を行います。行う理由は故人との最後のお別れをするためです。日本では旧石器時代から死者を葬る儀式はあるとされています。日本人は昔から故人とのお別れを大事にしているのです。また、故人のためだけでなく残された人のためにある儀式でもあります。葬儀を行うことによって、残された人は亡くなったことを受け止めることができるのです。故人のためにも、残された人にとっても重要な儀式となっているのです。

↑PAGE TOP