• トップ /
  • 葬儀の時の服装友達の場合は?

喪章は親族のみ着用

葬儀の時の服装友達の場合は?

LINEで送る

葬儀に列席するときの服装マナー

葬儀に列席するときの服装といえば、喪服をまず思い浮かべます。正式な喪服は、遺族が喪に服しているということを表すものなので、故人の家族や親しい親族が着用します。では、友達として参列する場合は、何を着て行くことができるのでしょうか。喪服は、故人をしのび、悲しみを表す服装でもありますが、親族ではない場合は、略式の礼装を着用します。ブラックフォーマルやブラックスーツといわれるもので、男性ならば黒のスーツ、女性は黒のワンピースやアンサンブル、スーツなどがそれにあたります。仮に、正装の喪服を持っていたとしても、葬儀に友達として列席する場合は、遺族より格が上にならないように、略式のものを使用するようにしましょう。略礼装を持っていない場合、地味なスーツに喪章で代用ができるでしょうか。答えは「いいえ」です。喪章は遺族や故人の関係者を表すものなので、友達として参列する人は使用することができません。やはり、葬儀の場にふさわしい服装をするという点で、きちんと略礼装を着て行くほうがよいでしょう。訃報は突然来るものです。その時になって慌てないように、あらかじめブラックフォーマルと、それに合わせた靴やバッグなどを一式そろえておくことをお勧めします。

 

↑PAGE TOP