トップ / 振袖を汚さないために気を付けること

振袖をレンタルする

振袖を汚さないために気を付けること

綺麗に見えるためにもマナーを確認

最後は借りた振袖を汚さないための注意点をご紹介します。お友達との記念撮影、式典後の食事を伴ったパーティーなど、成人式当日は振袖を汚してしまう危険性に溢れています。購入した振袖であれば、ご両親に咎められるだけで済むかもしれません。しかし、レンタル振袖となると、場合によっては違約金などが発生する可能性もあるのです。振袖を汚さずに行動するためにも、綺麗に見えるマナーを覚えておくと良いでしょう。

■食事の際はハンカチを活用
普段、着慣れていない着物での食事はかなりの困難さを伴います。まず、大きめのハンカチをご用意いただくと良いでしょう。ハンカチを広げ、襟元に挟んでおくことで、ドリンクや料理に使われたソースによる汚れを防ぐことができます。

■座る際にも注意が必要
振袖で椅子に座る際は、帯を崩さないように浅く座るようにしましょう。また、ここで盲点となりやすいのが、袖の扱い方。無防備に座ると長い袖が地面についてしまう恐れがあります。両袖は膝の上に重ねておくようにするとよいでしょう。

■トイレを済ますコツについて
振袖でのトイレは、特に困難が想像できますよね。でも、コツと注意すべきポイントさえ把握すれば、そこまで構えなくても大丈夫です。まず大前提として、振袖姿でのトイレは洋式タイプを選ぶようにしましょう。袖は重ねて帯締めや帯の中にしまいます。この時、事前に洗濯バサミを用意しておき、帯が下につかない長さで挟んで留めるのも振袖を汚さないためのオススメテクニックです。
そして、裾の上前、下前、長襦袢、裾よけという順番で持ち上げていきます。トイレが済んだ後は持ち上げた順序とは逆に戻していけばOKです。

レンタル振り袖のメリットや注意点をおわかりいただけましたでしょうか。振り袖を着ることを諦めていた方にはぜひオススメします。みなさんの成人式が素晴らしいものとなるよう応援しています。