• トップ

正式な喪服=正礼装

葬儀の時の服装家族の場合は?

LINEで送る

葬儀の時の服装マナー

葬儀の時に着る服装として、家族の場合は正式な喪服である正礼装を着ることがスタンダードです。この正礼装とはどのような装いのことでしょうか。まず、和装の場合は、男性は五つ紋付袴、女性は同じく五つ紋の黒の着物です。洋装の場合は、男性はモーニングコートに黒のネクタイとストライプのズボンですが、最近では礼服であるブラックスーツを着用することが多いようです。女性は、光沢のない黒無地の長袖のワンピースがアンサンブルです。葬儀の服装は故人の死を悼む気持ちを表すので、華美な物は避けできるだけ肌を露出しないようにしましょう。子どもの礼装はどうすればよいでしょうか。制服があれば制服が礼装になります。制服がない場合は、紺や黒、グレーなどのブレザーとズボン、スカートなどを着用します。服装を和装にするか洋装にするかは悩むところです。家族、特に喪主は着物を着るものとされてきましたが、最近は洋装と半々くらいの比率になってきています。家族の場合、葬儀では正礼装をして、通夜では略礼装をすることが一般的です。略礼装はブラックスーツやブラックフォーマルのことですが、最近では通夜であっても正礼装をするケースが増えてきています。

 

↑PAGE TOP